岐阜県可児市御嵩町を中心に古民家再生・リノベーションを行なう御嵩建築|「くらし」は雨楽な家の考えを受け継ぎ、豊かな暮らしをご提供いたします

お問い合わせ

雨楽な家とは

雨楽な家について

自然との共存を家族とともに楽しむ

『雨楽』名前の由来

雨だけでなく太陽も風も空気も木も土も石も水も、すべてかけがえのない自然の恵みです。自然のありがたみを実感し、自然の減少を楽しみながら暮らしたいという願いを込めて名付けられました。
そしてまた、『うらく』にはもう一つの意味が隠されています。
その昔、織田信長の弟に織田有楽という武将がいました。有楽は千利休の弟子としても有名な茶人です。愛知県犬山城下にある有楽が残した茶室、国宝「如庵」は日本人の美意識を表していると言われています。
そして、その茶の湯に通じる日本の伝統、文化そして美意識を伝えていきたいという思いが込められています。

自然と仲良く共存し、その価値を感じる家づくり

雨や風といった自然現象は、木を腐敗させ時には家を倒壊させ得る力を持っています。しかし、昔の家や寺社はそんな自然と共存し現存している。それは一体なぜなのか、それは昔から日本の職人は自然と共存する為の知識と技術を持ち合わせていたからなのだと思います。

近年では、木造の在来工法は生産性が悪く古いイメージとの固定観念が先走り、新しい工法の家や輸入住宅が多く建てられています。そういった住宅が良いか悪いかということではなく、御嵩建築では、雨楽な家を通じて古き良き時代の家づくりがいかに優れた耐久性を持ち、自然素材の優しさを感じ、父親の威厳の存在価値とのびのび育つ子供たちを創造するのかを是非実感して頂きたいと考えています。

雨楽な家 コンセプト

御嵩建築“くらし”の雨楽な家

其の一地産地消、地元岐阜の無垢の国産材へのこだわり

育ってきた木のままの姿・形で利用する無垢材。天然の木材は、湿気の多いときは空気中の水分を吸い、乾燥しているときは湿気を吐き出すという調湿効果があります。
また、無垢の素材は子供の感性を刺激し成長させます。
感性は「見る・聴く・嗅ぐ・触れる・味わう」といった五感が刺激されて成長します。子供たちにとって天然の自然素材の中で生活するということは、日常的に五感に刺激を受けられるので、より個性豊かで感受性豊かな感情がはぐくまれます。

其の二大黒柱

大黒柱は家の中心にある最も太い柱です。その圧倒的な存在は父親を象徴しています。そして、家の中にぶれない軸を与えてくれます。
だから御嵩建築では、お施主様=父に大黒柱を建てて頂くことにこだわります。お子さんの目の前でお父さんが太くたくましい父親の威厳を示すその大黒柱を建てる。お子さんはその光景を生涯忘れないでしょう。

其の三本格的な木材の家を手の届く価格で

雨楽な家では本物の木材を使用し職人の技術で加工をしています。しかし、手の込んだ高級な仕上がりではなく、素材感を生かしたシンプルな仕上がりにする事により、木材の本質を感じながらもコストを低くしています。 引き算の美学・統一感があるシンプルモダンをお客様にご提供いたします。 "本物の木の家を若い人に手の届く価格で"が「雨楽な家」の基本理念です。

其の四温故知新

古き良き時代の伝統と現代の新しい技術を融合してより快適な住まいをご提供します。自然の心地よさと最新技術の快適さで、より一層住まうご家族にとって最高の家となることを願っています。

其の五季候風土に合わせた強靭さ

四季があり、地震多い日本という国では、木造在来軸組工法の家が最も適した工法であると言われています。木造だから腐りやすいとか地震に弱いなどということはなく、よく乾燥保存された木材は腐ったりシロアリに食われたりしません。しっかりとした知識と技術があれば季候風土に合わせた強靭さを兼ね備えることが可能なのです。

「くらし」by 御嵩建築が誇る職人の技

伝統の技と知識が素材を生かし楽しみを与える

雨楽な家をつくるには昔ながらの伝統的な技術や知識が必要になります。
御嵩建築の職人たちは、代々受け継がれてきた技術と知識を兼ね備えています。
その確かな技と知識、そして雨楽な家の考えを掛け合わせて最高水準の家をつくります。

構造美

木造軸組工法は柱と梁、桁が組み合う構造の美しさを最も感じる工法です。 長年、家づくりに携わってきたからこそ力学的な観点から計算された合理性とバランスを生み出す事が出来ます。
そして、ここにコストパフォーマンスの秘密も隠されているのです。

梁が醸し出す空間

「雨楽な家」の特徴は天井を外す事で圧迫感を緩和し、井桁に組んだ梁が醸し出す空間を楽しむ事が出来る事です。 窓を通して降り注ぐ光の模様と吹き抜け空間の調和で空間をより広く感じる事が出来ます。

真壁造り

木造軸組工法の構造材である柱や梁をわざと見えるように壁を設置する伝統的な工法「真壁造り」。絶妙なバランスと見た目の美しさから独特の空間美を醸し出します。 機能面でも柱などの構造材を覆い隠してしまう大壁工法よりも構造材が空気に触れる事で、調湿機能が高くなります。

地元岐阜の天然素材

地産地消上質な素材に生を感じる

御嵩建築が雨楽な家に使用する素材はすべて地元の上質な天然素材です。
その天然素材を最高の技をもってすることで、木材の持つ風合いや美しさ、まさに素材に生命を感じることが出来るのです。

漆喰壁

漆喰壁は日本伝統の塗り壁です。石灰にフノリ等様々なものを混ぜて練り上げる事で「防火性」「調湿性」「耐久性」が高くなる事が特徴です。また漆喰壁が醸し出す「風合い」はとても良く、全体を落ち着いた雰囲気にまとめる事が可能です。

天然無垢の木

地元岐阜県産の無垢材。
豊かな香りと風合いを楽しむことが出来るのは無垢材ならでは。
雨楽な家では、真壁造りで構造材をわざと見えるようにする伝統的な工法なので、より一層天然無垢の素材の良さを実感して頂けると思います。

いぶし瓦

いぶし瓦は、釉薬を用いず、素焼きにし、表面に炭素幕を形成させる独特な製法で作られます。
表面が銀色で艶のある輝きが特徴で、経年の変化とともに落ち着いた風合いを感じることが出来ます。

コンセプト・プロモーションムービー

お問い合わせフォーム

Copyright (C) くらし 雨楽の住宅再生by御嵩建築. All Rights Reserved. Created by Co., Ltd アババイ.

上部に戻る